MENU

持ち込み支給のトラブルを避けるために・・・ – habitat
コラム

コラムCOLUMN

持ち込み支給のトラブルを避けるために・・・

注文住宅を建築する際には、必ず検討するタイミングが訪れると言われる持ち込み支給。依頼主が発注をすることで自分の希望する設備や建材を選んだり、お得なお店で購入することができるなどメリットがありますが、安易に進めてしまうとトラブルを引き起こしたり、後悔する可能性も秘めています。

 

今回は持ち込み支給のトラブルを防ぐためにも知っておきたい注意点を解説。トラブルや後悔を防いで満足度の高い家づくりを目指しましょう。

 

そもそも持ち込み支給とは?

持ち込み支給とは、設備や建材などの商品を依頼主側が準備して施工会社に提供するという方法を指します。別名“施主支給”とも呼ばれるものです。

 

近年ではインターネットや大型インテリアショップを通じて、施主でも気軽に設備を購入できるようになりました。インターネットサイトを通じて設備を購入することでポイントがゲットできたり、お気に入りの設備を納得の価格で購入できたりする魅力があります。

 

しかし、家づくりを依頼する施工会社によっては一切持ち込み支給を受け付けていない場合や、受け入れられる設備や建材などに制限を設けている場合もあります。

 

条件次第では持ち込み支給を受け入れてくれる場合もあるため、持ち込み支給を検討するのであれば、随時施工会社に確認することが必要です。

 

持ち込み支給で起こり得るトラブルとは?

持ち込み支給は好みや満足度の高い価格で設備を取り入れられるメリットがありますが、デメリットも存在します。デメリットをよく知って持ち込み支給によるトラブルを防ぎましょう。

 

別途施工費が発生し、ローンの適用外になるケースがある

設備を安く手に入れられることも持ち込み支給の魅力ではありますが、設備を取り付けるための施工費は発生します。

 

たとえば、照明器具など、自分自身で設備を設置することができるのであれば施工費は発生しませんが、キッチンや洗面台などの設備を自分で購入した場合、水やお湯、電気やガスなどを通して設備が使える状態にする必要があります。

 

設置を使える状態にしてもらう場合には、価格を重視して購入した設備であっても、施工費がかかることによって費用がおさえられないというデメリットも発生します。施工会社が仕入れる場合の方がトータル的に安く仕上がるケースもあるということをおさえておきましょう。

 

また、持ち込み支給で購入する建材や設備は、施工会社を通して決済ができないので、住宅ローンの適用外になることもあります。もしも安さを求めて持ち込み支給を検討するのであれば、総合的な価格を見て検討することがおすすめです。

 

持ち込み支給は施工会社の保証対象外

持ち込み支給で設置した設備は、施工会社の保証対象外になります。さらに、持ち込み支給に付随した設備に問題がある場合も保証対象外となるため、注意が必要です。

 

たとえば、キッチンを持ち込み支給で設置したとします。キッチンの配管部分に不具合が発生し、漏水が起こってキッチン周りの床や設備がダメになってしまっても、持ち込み支給の設備から発生しているので、床の張替や設備の取り換えもすべて保証対象外となり、有料になるケースが多いので注意しましょう。

 

施主が商品を受け取り、設置する場所まで運ぶ

そもそも持ち込み支給とは、施主が商品を受け取って所定の位置まで運ぶことが本来の流れです。

 

照明器具など、持ち運びが簡単なものであれば、施主が商品を受け取って運ぶことは安易ですが、洗面台やキッチン、床材など大きな設備や建材の場合、施主が自ら所定の現場まで運ぶことは非現実的。

 

そのため、直接現場に送ることが必要になります。しかし、施工会社は商品を受け取るという業務は対象外のこと。受け取りをお願いするのであれば、受け取りを依頼し、受け取る業務のための人件費が発生する場合もあることをおさえておきましょう。

 

建築スケジュールが狂う場合がある

商品を受け取るタイミングが工事の邪魔になってしまうような場合には、やむをえず屋外など設備にとってふさわしくない環境に放置される場合もあるため、送付するタイミングにも注意することが必要です。

 

そのため、商品の納品日や、現場の指定する搬入日の把握をして調整することが、施主には求められること。指定日に届けることができなければ、その分工期は伸びてしまい、施工費がかかることもあり得ます。

 

場合によっては納品した設備を置くためのレンタル倉庫の利用が必要になるなど、手間や予想外の出費があることにも理解が必要です。

 

また、持ち込み支給で届いたものを開けたら、建材が割れていた、設備に傷がついていたということもあり得ます。そうなると当然発注し直して、届くまで工事を進められないというトラブルも発生しうることです。

 

持ち込み支給のトラブルを防ぐためにできることは?

持ち込み支給にはトラブルと隣り合わせではあるものの、トラブルを防ぐためにできることもあります。具体的な注意点を見ていきましょう。

 

細やかなコミュニケーションを取る

本来であれば、施工会社が図面を確認しながら設備や建材を発注し、工事の段取りを決めていきますが、持ち込み支給を行うということは施主が施工会社の手間を負うということ。

 

施工会社側もトラブルを防止するために制限や条件を設けていますが、もしも持ち込み支給を受けてもらえるとなった場合には、施主が図面を確認しながら取り寄せして、配送日と搬入日の調整を行います。

 

そのため、施主は施工会社や発注先との入念な話し合いを持つことが欠かせません。持ち込み支給のメリットを最大化するためには、手間をかける必要があることを踏まえて進めていくことが大切です。

 

持ち込み支給する設備について十分な確認を取る

海外仕様の設備の場合、日本の住宅とは配管が異なったり、電圧が異なったりすることがあります。設置する設備が適合していないと火災や漏電などを引き起こす要因になったり、故障の原因になったりすることも考えられます。

 

このようなトラブルを防ぐためにも、事前に設備についての資料を入手し、施工会社との密な打ち合わせを行いましょう。

 

コンセントの形状や電圧を間違えていると、電気工事をやり直す必要性が出てしまうため、設置のための細かな部分は確認を取っておくことが求められます。

 

手間を惜しまない姿勢を持つ

持ち込み支給は時間と手間をかけて行っていく必要があるもの。施主になると何かと決めることも多いので、後々「こんなに大変なんて・・・」と後悔にもつながる要因にもなります。

 

「安く済むから」という理由で持ち込み支給にしたのに、思わぬ出費や手間がかかってトラブルが起きる可能性もあるので、安易に持ち込み支給をすることは避けた方がよいでしょう。

 

しかし「家づくりのためには手間も時間も惜しまない」という気持ちを持てるのであれば、家づくりに参加することで満足度の高い家づくりが叶います。

 

持ち込み支給はプロの意見も取り入れる姿勢を持って行おう

お気に入りに囲まれた生活をしたいと思って、壁紙や照明器具、コンセントカバー、洗面ボウル、キッチンなど、さまざまな建材や設備を持ち込み支給したものの、いざ完成したらチグハグで、お洒落とは言えないバランスの悪い家になってしまった・・・ということもあり得る持ち込み支給。

 

使い心地や、質感もインターネット上ではわからないこともあるでしょう。全体のバランスや使い心地、希望するインテリアのテーマなど希望する家づくりを施工会社に伝え、プロの意見を取り入れながら持ち込み支給を行っていくことがおすすめです。

 

お問い合わせCONTACT

Contact

最新情報やご質問・お問い合わせは、
下記の電話番号よりお気軽にお問い合わせ下さい。

045-263-8177

ハビタットへの
MAILでのお問い合わせはこちら

Contact